細かくいくつかに分けられる離婚の種類

離婚と一口に言っても、細かくいくつかの種類に分けることができます。解決方法がいくつかあるということですね。スムーズに別れられるならそれが一番いいのですが、最悪、離婚弁護士を使って裁判に突入してしまうこともあります。ここでは主な離婚の方法について見ていきましょう。

協議離婚は最も一般的な離婚の形

協議離婚というのは、最も一般的な離婚の形になります。日本で行われる離婚の中で、およそ90%ほどがこの協議離婚だと言われています。難しい名前がついていますが、これは夫婦間の話し合いのみによって離婚をするということです。一般的にイメージされている離婚の形そのままになるのではないでしょうか。お互いに話し合いをして、離婚届に必要事項を記入して、それを役所に提出します。諸々のことは夫婦間で話し合いをして、基本的には誰の助けも借りることなく手続きを済ませます。最も円満な方法と言えば聞こえはいいかもしれませんが、どちらかが妥協をしているというケースも目立ちます。ときには違法な状態のままで、離婚をしてしまうケースも見受けられます。

家庭裁判所の力を借りる調停離婚

調停離婚というのは、夫婦間での話し合いで決着がつかなかったときに行うものです。夫婦の間に家庭裁判所に入ってもらうことで、円滑に話し合いが進められるようになります。離婚時には、様々なことが問題になりますよね。財産分与のこともそうですし、親権のこともそうです。法的知識が必要になるケースも多いですから、間に家庭裁判所に入ってもらうことの意味は大きいです。熱くなりやすい協議も、これで行いやすくなることでしょう。協議離婚か調停離婚で、多くの場合は離婚が成立をします。その割合は、およそ9%ほどになります。ですから、普通はこの二つの方法さえ知っておけば大丈夫でしょう。よほどのことがない限りは、これらの方法で離婚は成立します。調停離婚でも、離婚弁護士を使う方はいますので、気軽に問合せをしてみてください。

裁判離婚は最後の手段

99%は協議離婚か調停離婚で解決しますが、残りの1%ほどはそれでも決着がつきません。その場合は、裁判に突入することになりますね。本当に協議だけで決着が付かない場合は、お互いの意向を聞き、裁判所が強制的に結論を言い渡します。ただ、どんな場合でも裁判ができるかと言えばそれは違います。裁判を起こすための条件をクリアしていなければならないのです。具体的に言えば、DVの被害を受けていたり、パートナーが不倫をしていたりということに代表される「法定離婚原因」が必要になります。また、裁判の結果には強制力が伴いますから、控訴をするなりしなければその結論が確定することとなります。確定した結果にはもちろん従わなければなりません。裁判なので、離婚弁護士の存在は必要不可欠となる方法です。