賢い離婚と子どもにできる事

離婚は、今まで二人で育んできたものを清算する作業です。ですが、子どもには感情もあり未来があります。なので、それを決してないがしろにしてはいけません。たとえ当事者の感情が入り乱れていても、後々後悔を重ねない為には慎重に考えなければいけません。子どものことに関してはなかなか話し合いがスムーズにいかないです。そんなときはぜひ離婚弁護士を活用してください。

キーポイントは「冷静」

離婚は、いかにお互いが納得する形にできるかという事が、今後に大きく関わってきます。その為に、話し合いが最も重要な場面になります。準備としては、トラブルや自分の損益を出さないように、決める内容や希望をリストアップしておきます。
また、公正証書などを作成しておけば、強制力があるのでいざという時役に立ちます。話し合いのメインになるのは、やはりお金関係です。養育者は、これからの経済的負担が大きいので、自分が少しでも得をするようにハッキリと主張しましょう。現金の受け渡しは、相手と連絡が取れるうちに、できるだけ早く済ませましょう。あと、共同名義は所有者をハッキリさせます。そのままにしていると、売りたい時や処分したい時に、相手のところへ判をもらいにいかなければならなくなります。

夫婦でなくても両親

子どもの親権については、年齢が小さいうちは母親側にいきます。それは、特別な理由がない限り、母親のもとで暮らすのが良いとされているからです。不貞が原因で離婚に至ったとしても、変わりはありません。子どもとの面会は権利であり、もし拒否された場合は、調停を申し立てることができます。面会の拒否を未然に防ぐ策として、面会の日に養育費を手渡しするという方法もあります。また、何かの理由で面会が無くなった時は、いつでも相手と連絡が取れる形にしておくと、子どもが安心できます。面会は子どもの気持ちを考えて、無理強いをしたり事情がない限り断絶しないようにしましょう。そして、たとえどんな形でも子どもにとっては、父親と母親です。子どもの前で、お互いが相手の悪口を言わないように気を付けましょう。

これからを見つめて

養育費を支払う側は、毎月決められた額を支払い続けますが、義務は子どもが成人するまでで長期に渡ります。シングルマザーになった場合は、質素な生活か収入を上げる為に長時間働かなければなりません。その為、子どもに寂しい思いをさせてしまうこともあるかもしれません。子どもは、離婚による色々な変化で心がとても揺らいでいます。なので、できるだけ子どもの話をたくさん聞いて安心させてあげましょう。離婚には、経済面や心理面でたくさんのリスクがあります。しかし、無理をして鬱になったり、険悪な雰囲気で夫婦生活を続けるよりは、離婚弁護士を利用して、別れてしまった方が良い場合もあります。まだ離婚を悩んでいる段階ならば、感情だけではなく、自分や子どもが笑顔になれる方法は何かを何度も考えて下さい。その答えはきっと、これからの幸せへと繋がってゆくでしょう。